生活支援体制整備事業

  • 生活支援体制整備事業の概要
  • 高齢になっても住み慣れた地域で自分らしく生き生きと暮らし続けられる「地域づくり」を目指します。特に高齢者一人ひとりができることを大切にしながら、地域社会に関わることで住民同士のつながりが深まり(社会参加)、それが心や身体の健康維持(介護予防)、ひいては支え合い(生活支援)につながっていきます。事業の推進を主に担う「生活支援コーディネーター」は別名で、「地域支えあい推進員」とも呼ばれています。
  • 生活支援コーディネーターの役割
  • 目的と実現のための3つの仕組み
  • 所内連携事業例(地域活動交流部門)